全国旅行支援が7月スタート!県民割との違いは?お盆休みには使える?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
全国旅行支援が7月スタート!県民割との違いは?お盆休みには使える?ニュース

2022年6月17日、観光庁から「全国を対象とした観光需要喚起策の実施について」のプレスリリースがありました。
いわゆる「全国旅行支援」です。
現在実施されている「県民割」の終了後に実施される事業です。
6月中の感染状況を見極め、都道府県との協議を行った上で行われることになります。
なお、県民割の期間は、当初の2022年6月30日までから、7月14日宿泊分(7月15日チェックアウト分)まで延長されています。
※2022年8月31日宿泊分までに延長されています。
7月4日現在、全国旅行支援が実際に実施となるかは発表されていません。
夏休みも近づいてきたし、旅行の予約はどうしよう?お得に利用するにはどうしたらいいの?とお困りの方も多いはず。
この記事では、「県民割」との違いを中心に、新しく始まる「全国旅行支援」についてお伝えします。

2022/7/6追記 新型コロナウイルスの感染状況を踏まえ旅行支援の開始時期を遅らせると発表がありました。
2022/7/13追記 県民割が8月末まで延長され旅行支援の開始時期はそれ以降となる見込みです。
更なる情報があり次第追記します。

「Go Toトラベル」や県民割との違いは?

「Go Toトラベル」や「県民割」など、旅行等に関して様々な事業があり、それがいったい何なのか、どんな特徴があるのか、分かりにくくなっていますよね。
 ここでは、現在行われている「県民割」と「全国旅行支援」との違いについて説明します。

「県民割」との違いは?

大きな違いは、対象が日本全国に拡大されたところです。
「県民割」では、補助の対象が県内旅行か地域ブロック内での旅行に限られていました。
今回の「全国旅行支援」は、対象が全国となっていますので、これまでは割引のなかった地域への旅行することができるようになります。
なお、割引率は全国一律で40%となっています。
割引上限額は、交通付商品(鉄道・バス・航空など)が1泊あたり8,000円。
交通付商品以外が5,000円です。
クーポンは、「県民割」の場合、最大2,000円(人泊)でしたが、「全国旅行支援」では平日3,000円・休日1,000円と運用に違いがあります。

「全国旅行支援」を使うときに注意するところは?

「全国旅行支援」を実施するかどうかは、各都道府県と協議の上で決定されます。
ですから、新型コロナウイルス感染症の感染者が増加傾向にある都道府県が、実施を希望しないと申し出る場合もあるわけです。
旅行支援を活用して旅行に出かける際には、お出かけ先の自治体が支援対象であるか確認することが必要です。
また、「県民割」の利用条件には、ワクチンを3回接種済みであることか、検査結果が陰性であることが挙げられています。
「全国旅行支援」でも同様の運用になることが考えられますので、利用の際には注意が必要です。

結局どっちがお得なの?

結論からいうと、「全国旅行支援」を利用した方がお得になります。
ただし、お得になるにはいくつかの条件があります。
まず、平日に旅行し、プランを利用することです。
なぜなら、平日3,000円に対し、休日は1,000円と、クーポンの金額に違いがあるからです。
また、「交通付旅行商品」を使うことも、お得になる条件のひとつ。
以上のことから計算すると、補助額の最大は県民割が7,000円、全国旅行支援は11,000円と、4,000円の開きがあることになります。
旅行に出かけられる際は、ぜひ平日を中心としたプランを立ててみてくださいね。

期間はいつからいつまで?お盆休みは使えるの?

「県民割」の期間は、2022年7月14日宿泊分まで延長されました。
では、「全国旅行支援」はいつから始まり、いつまで使えるのでしょうか?
ここでは、「全国旅行支援」の使える期間と、除外期間について説明します。

「全国旅行支援」の実施期間は8月末までを予定

2022年6月17日現在、「全国旅行支援」の実施期間は8月末までとされています。
ただし、「当面8月末まで」という文言ですので、延長の可能性もあるかもしれません。
学生さんは、夏休みが9月まであるという方もいると思いますので、気になるところですよね。
「県民割」も次の事業の始まりに合わせて変更されました。
今後については、観光庁のウェブサイトをチェックされると良いかと思います。

いつから開始になるかは現在のところ未定

「全国旅行支援」のスタートは、「7月前半」とアナウンスがありました。
ただし、6月中の感染状況を見極めた上での判断となりますので、スタートがずれ込む可能性もないとはいえません。
実際、新型コロナウイルス感染症は第7波に入りつつあるという見方もあります。
木原官房副長官は7月1日の記者会見で、旅行支援の開始時期について、感染状況を見極めて判断したいと発言しました。

除外区間についても現在のところ未定

「全国旅行支援」の実施期間には「最繁忙期は除外」とありますが、この期間については未定となっています。
いわゆる「お盆休み」にあたる8月13日から16日ごろが対象となりそうです。
ただ、8月11日が「山の日」、12日が金曜日であることから、前後することも考えられます。

全国旅行支援は平日がお得!

「県民割」と「全国旅行支援」の違いについて、お分かりいただけたでしょうか?
平日に利用すれば、現在の「県民割」と比べて4,000円もお得になる「全国旅行支援」。
感染症対策に心を配り、混雑を避け、観光で全国を支援できたら最高ですね!

楽天トラベル旅行用品レンタル

コメント