お中元の時期はいつ?おすすめのものや相場は?注意するのしの書き方

スポンサーリンク
スポンサーリンク
お中元の時期はいつ?おすすめのものや相場は?注意するのしの書き方ニュース

夏が近づくとお中元は何をあげようと考える方や、新社会人の方、結婚して初めてお中元を贈る方もいらっしゃるでしょう。
お中元とは、7月初め頃からお盆の時期までに、日頃お世話になっている方や目上の方に向けて感謝の気持ちを込めて贈り物をするものです。
せっかくお中元を贈るのに相場や、のしの書き方を間違って相手に失礼があってはいけません。
贈り物の相場の金額や相場にあったおすすめのもの、夏の暑い時期だから選びたいおすすめのもの、逆に贈るのに適さない物もあります。
お中元を決めて贈る時期や、お中元の時期を過ぎてしまった時の、のしの書き方などにも気をつけましょう。

お中元を贈る時期はいつ?

お中元は夏に贈るもの。それはわかっているけど夏は長いしいつ贈るの?贈る時期を間違ってしまったら恥ずかしいし、失礼になってしまわないか心配ですよね。贈る前にちゃんと確認しておきましょう。

贈る時期は地域によって違う

基本的にはその地域のお盆の時期までに贈るものです。
ですから7月の初めから8月15日までに贈るところが多いなか、地域によって少しずつ違います。

  • 北海道:旧盆にあたる7月15日~8月15日
  • 東北・関東:7月1日~7月15日
  • 北陸: 地域で7月と8月に分かれる
  • 東海・関西・中国・四国:7月中旬~8月15日
  • 九州:8月1日~8月15日
  • 沖縄:旧暦の7月15日まで

一般的にはこのように時期になり、地域によって1ヶ月も時期が異なります。
大きく東北、関東、九州などでわけるとこのような感じですが、九州でも北陸と同じように7月15日までに贈らなければいけない地域もあります。
それは農繁期などの関係でお盆の時期をずらして行うなど、その地域でいろいろな理由があります。
隣接する県でも時期が違うため、お中元を贈る相手の地域を確認し時期を過ぎてしまわないよいうに気をつけましょう。

もしも送る時期がはっきりわからなかったら7月15日に贈る

上記に書いたように地域によって時期が違うため、贈り先の情報がはっきりわからないと困りますよね。
7月15日までに贈る地域もありますし7月15日以降に贈る地域もあります。遅くなるよりもなるべく早めに贈るのがマナーです。ですから迷ったら7月15日頃に先方に届くようにすると間違いないでしょう。

お中元の相場はいくら?

お中元の相場の金額は3000円~5000円が一般的です。
贈る相手も日頃お世話になっている勤務先の方、友達、家族など様々だと思います。

贈る相手によっての相場の違い

  • 勤務先 : 3000円~5000円。上司の場合は5000円くらいのものを贈る方が多い。
  • 取引先 : 3000円~5000円。5000円くらいの方が多い。
  • 親・親類 : 5000円前後。割合は5000円以上の方が多い。
  • 隣近所 : 3000円~5000円。3000円くらいの方が多い。

価格で迷った場合は高い方を選ばれることをおすすめします。
後で「ちょっと高すぎたかな」と思うより「ちょっと安かったかな」と思う方がずっと気になりませんか?
お中元というのはお世話になっている方に贈るものなので、心を大きくもちましょう。相手にもその気持ちは伝わるはずです。
しかし1万円以上するものや、あまりに高価なものは逆に相手も困るおそれがあるため注意しましょう。

御中元におすすめのもの

贈るからには相手の方に喜んでもらいたいですよね。そこでお中元で人気のものや、贈るのに適さないものを紹介したいと思います。
またお中元はお世話になって方に贈りますが、独り暮らしの方、夫婦2人暮らしの方、子供から年配の方までいらっしゃる方など、いろいろな家庭があります。
相手のことを考えて選ぶのがポイントです。

お中元で人気のもの

  • 夏の暑い中でも食べたくなるもの(ゼリー、アイス、素麺など)
  • 飲料類(ビール、ジュースなど)
  • 季節のフルーツ
  • 日用品(調味料、洗剤など)

自分が住んでいる県以外の方に送るならご当地のものもおすすめです。

少人数のご家庭におすすめ

  • 簡単に調理できるもの

もちろん料理をされる方もいらっしゃいますが、1人分を作るのが面倒だったり、年配の方は火を使うのが心配な方もいらっしゃいます。
できるだけ簡単に調理できるものや小分けになっているものがおすすめです。
(例)フリーズドライの味噌汁などお湯を注ぐだけのもの。温めるだけで食べられるもの。

  • 量より質の高い物

少人数のご家庭に同じものが沢山入っているものはおすすめできません。
同じ物をずっと食べるのは飽きてしまいますし、他の方に譲っておしまい。なんてこともあるかもしれません。
そこでおすすめなのが自分ではなかなか購入しない高級品です。
特別感や贅沢な気持ちになれて喜ばれます。
(例)材料や製法にこだわったもの。有名店のもの。

多人数のご家庭におすすめ

  • 日用品

調味料や洗剤がおすすめです。
お中元で人気のものにもなりますが少人数の家庭よりも使用する量が多いのは間違いありません。
貰って困るものではないはずです。

  • 子供のいるお宅には家族そろって楽しめるもの

子供から年配の方まで一緒にお住まいの家庭には、ゼリーや水羊羹の詰合わせ、フルーツや飲料類などが家族そろって楽しめるものだと思います。
子供もお中元を見たときに喜んでくれるでしょう。

贈るのに適さないもの

  • 糖尿病の方に甘いもの
  • お酒を飲まない方にビール
  • 少人数のご家庭に日持ちのしない食材や食品

相手のことを考えて選ぶのがポイントなので、配慮のないものは避けるべきです。

お中元の時期による、のしの書き方

 お中元の時期に間違いなく贈れればいいのですが、もしも忘れていたり届く日にちが遅れそうなときは「残暑御見舞」や「暑中御見舞」と書くこともできます。
お店で発送をお願いするときは到着日も確認しておくと安心です。

通常の、のしの書き方

のし上  御中元・お中元  (そこまで堅苦しくしたくないときは、御礼、もしくは何も書かない)
のし下  名前・会社名

お中元の時期を過ぎてしまった時の、のしの書き方

  • 立秋まで(7月中旬から8月7日まで) : 暑中御見舞(暑さの厳しさを見舞うもの)
  • 立秋の後 : 残暑御見舞(暦の上で秋を迎えての暑さを見舞うもの)

のし下は通常のお中元と同じで、名前や会社名を書きます。  

まとめ

デパートや商業施設でも6月からお中元の商品が店頭に並びます。
おすすめのものなどを参考にし、金額の相場を考慮して選んでみてください。
期間が短い地域はお中元の荷物も集中します。本州から北海道や離島に贈る場合は配送時間がかかるため、早めに準備し送るように気をつけましょう。
もしも直接何がいいか聞けるようであれば、欲しいものを聞くのもいいかもしれません。
お中元とはお世話になっている方へ感謝の気持ちを形で表すものです。
何を贈るか、贈る時期、相場、のしの書き方など考えることは沢山ありますが、受け取ったときの喜んでいる姿を想像して楽しく選びましょう。

せっかくなので楽天市場のお中元特集ページを張り付けておきます。
見て参考にしてみてください。

お中元ギフト

コメント