リフォームするなら知らなきゃ損!リノベーションとの違いと補助金制度

スポンサーリンク
スポンサーリンク
リフォームするなら知らなきゃ損!リノベーションとの違いと補助金制度ニュース

コロナでお家時間が増える今、家の快適さは大切ですよね。
家は誰しも新しくて綺麗な方が嬉しいもの。
ただし、新築で立てたマイホームも時間が経てば少しずつ老朽化していくので、いつまでも快適に過ごすためには、どこかのタイミングでリフォームをする必要がでてきます。
何かとお金のかかるリフォームですが、補助金が出る「こどもみらい住宅支援事業」という制度があるのをご存知ですか?
「もっと早く知っていれば、補助金がもらえたのに!」という悔しい思いをしないよう、この記事を読んで事前の準備をしっかりしてからリフォームに取り掛かりましょう。

リフォームとリノベーションはどう違う?

リフォームとよく似た単語として、リノベーションという言葉があります。
実は、リフォームとリノベーションははっきりとした定義や区別がありません。
ただし、一般的に家の改築は全てリフォームといわれ、その中の一部をリノベーションと呼びます。

家のリフォームをするならまずここ!おすすめの箇所は?

・屋根
屋根のリフォームは、見た目を良くするだけでなく、家を長持ちさせてくれます。
塗り替えることで、屋根の表面が保護させるので、屋根全体が傷みずらくなります。
屋根はぜひ定期的にメンテナンスしましょう。
・外壁
屋根と同じく、リフォームをすることで家を長持ちさせてくれる箇所です。
主に、外壁のリフォームには「張り替え」と「重ね貼り」の2種類の方法があります。
張り替えは費用がかかりますが、外壁の内部のメンテナンスも同時に行うことができます。
重ね貼りは、既存の外壁に重ねるため費用を安く抑えながら家の寿命を長持ちさせてくれます。
重ね貼りでは壁の内部のメンテナンスができない点を踏まえ、張り替えと重ね貼りのどちらにするか検討しましょう。

リノベーションで自分好みにカスタマイズする

リノベーションはリフォームの中でも、住宅に新しい機能や価値をつける工事のことです。
老朽化した部分の修復というよりも、住む人のライフスタイルに合わせてアレンジを加えるイメージで、その内容も人によって様々です。
「趣味のための作業場を作る」「子供部屋を作るために部屋に間仕切りをつける」などの工事があります。
最近は、安い中古物件を購入して、リノベーションする人が増えています。
この方法であれば、注文住宅で一から好みの家を建てるより金額を抑えて自分好みの住宅を建てることが可能です。

リフォームで補助金が出る!こどもみらい住宅支援事業とは?

リフォームをして補助金を受け取れる、こどもみらい住宅支援事業という制度をご存知ですか?
こども未来住宅支援事業とは、子育て世帯や若者夫婦世代が省エネ機能を持つ住宅を取得する場合や、省エネ機能をつける改修工事を行った際、費用の一部を国が負担してくれる制度です。
この制度は、省エネ性能をもつ住宅を増やすことを目的としています。
注文住宅の新築、新築分譲住宅の購入、リフォームが対象ですが、この記事ではリフォームに焦点を当てて説明します。

リフォームをしたらこどもみらい住宅支援事業でいくら補助金を受け取れる?対象者は?

・こどもみらい住宅事業者と工事請負契約等を締結し、リフォーム工事すること
・リフォームする住宅の所有者であること
以上2点が、こどもみらい住宅支援事業の対象で、該当すれば一戸につきリフォーム代金として30万までの補助金を受け取ることができます。
ただし、リフォームで受け取れる補助金の上限額は30万円から45万円にアップする場合があります。
リフォームの補助金が45万円になる条件はこちらです。
いずれかに該当すれば上限額45万円の対象になります。
・【子育て世代】 令和3年4月1日時点で18歳未満の子を有する世帯
・【若者世帯】 令和3年4月1日時点で夫婦のどちらかが39歳未満の世帯
18歳未満の子がいれば年齢は問わない点、夫婦のどちらかが39歳であればよい点を考えると対象になる方も多いのではないでしょうか。

リフォームで補助金を受け取れる、こどもみらい住宅支援事業の条件とは?

こどもみらい住宅支援事業では8項目の工事が対象となっていますが、リフォームの補助金を受け取るためには、以下3つのいずれかの工事が必要です。

  • 開口部の断熱改修
  • 外壁、屋根・天井または床の断熱改修
  • エコ住宅設備の設置

リフォームで補助金を受け取るために必要な条件を順番に見ていきましょう。
【開口部の断熱改修】
ここでいう開口部とは、ドアと窓のことです。
古い窓やドアを、基準を満たすものに変更する改修です。
【外壁、屋根・天井または床の断熱改修】
外壁、屋根・天井または床の部位ごとに、一定以上の断熱材を使用する改修です。
【対象となる住宅設備を設置する工事】
太陽熱利用システム、節水型トイレ、高断熱浴槽、高効率給湯器、節湯水洗を設置する改修です。
ポイントは上記3つのいずれかに該当すればよいという点です。

リフォームで補助金を受け取る手続きの流れ

・2021年11月26日以降に締結したリフォーム工事が対象
・申請は本人ではなく工事をする業者が行う
・手続きは2022年3月28日~2023年2月28日
なだし、予算がなくなり次第終了する可能性があるので、手続きは早めにしましょう。
工事業者は事前に、こどもみらい住宅事業者登録している必要があります。
リフォームを依頼する前に、この事業に登録している業者なのか確認しましょう。

まとめ

・リノベーションはリフォームの一部
・リフォームをするなら屋根・外壁がおすすめ
・新しい機能や設備で家をカスタマイズするならリノベーション
・省エネ設備つけるリフォームをすればこどもみらい住宅支援事業でリフォームの補助金を受け取れる
・こどもみらい住宅支援事業で受け取れる補助金の上限は30万~45万
・こどもみらい住宅支援事業で補助金を受け取るには、開口部の断熱改修、外壁、屋根・天井または床の断熱改修、エコ住宅設備の設置のいずれかが必須
・工事をお願いする時はは事前にこどもみらい住宅支援事業に登録している業者か確認する
大切な住宅を長くきれいな状態を保つために、リフォームをして老朽化を防ぎましょう。
リフォームには何かとお金がかかります。
リフォームをする時は、ぜひ省エネ設備をプラスすることで、こどもみらい住宅支援事業の補助金を活用してみてください。

こどもみらい住宅支援事業の公式HPはこちら

ニュース

コメント