【大勝利】クレジットカードで出来る大きな節約と確かな還付はこれだ!!

【大勝利】クレジットカードで出来る大きな節約と確かな還付はこれだ!!

↑Facebook・Twitter・はてなブックマークなどでシェアをお願いします。

クレジットカードを持つことのメリット

世間ではキャッシュレス決済とかポイントを活用しながら、お買い物をお得に利用することが当たり前となっています。この活用を上手にすることで、現金でお買い物をするよりも数十%の削減効果を得ることが出来ます。また、今では税金の還付までも結びついて、大きな節約効果にも繋がることで、利用価値の高いクレジットカードを持つことが大きなメリットを受けることが出来ます。

数多くのクレジットカードが蔓延る中で、特に利用価値を高く活用する方法を紹介していきたいと思います。クレジットカードを利用する点で基本的なメリットを押さえておくと、様々な暮らしの中で大きな恩恵を受けることから、毎年の利用額が10%前後の推移で伸びてきているのです。その推移を考えると、それだけ会社によっては利用額の還元高も伸びているということです。

そのクレジットカードの基本的な活用メリットは次の通りとなります。

  • お金と同じ価値のポイントを貯めることができる
  • 現金の代わりに支払いを遅らせることができる
  • 海外での買い物が楽に済ませることができる
  • 公共料金や税金の支払いもできる
  • 無料で保険が付加されている
  • 家計簿の代わりに見やすく管理が出来る
  • お金を借りることができる

まだまだたくさんの利用メリットがあるのですが、カードを発行している会社によっては特別なメリットを受けることもあり、そのメリットによって選ばれるところもあります。これは全ての会社が共通して同じメリットがあると言うわけでもありませんので注意をしないといけません。

60代以上のクレカ利用者数が大きく急増しているワケ

クレジットカードの利用に関しては世代によって大きく分かれていますが、10年前には60代以上の年齢の利用者層が少なかったのです。クレジットカードには利用によっては大きな手数料がかかることもあり、現金でショッピングをするよりもデメリットの方が高いとも言われていました。そのため、年配者からすればあまりメリットというものが無いという認識が強かったのです。

また、クレジットカードの利用による犯罪や事故も多かったため、利用を控えた方がリスクを回避できると考えた人が多かったようです。そのため、現金主義の方からすれば、利用メリットは低いこともあり、持っていても使わないという方も多かったのです。ところが、ここ数年でその利用者層も大きく伸びてきたのが「ポイント還元」があちこちの事業者で声高にするようになって、日本人のポイント主義に火を付けたのです。

特にこの2019年の増税をきっかけにクレジットカード契約件数が飛躍的に伸びました。利用する世代層もビジネスマンや学生の層だけに留まらず、60~70代の世代にも多く増えることとなりました。増税による「ポイント還元」が大きな拍車をかけました。これで大きく利用件数の大幅な成長となったのです。

年間の買い物をクレカ払いに変更するだけで数万円節約も!?

今ではこの波に乗らないと、利用している人としていな人とではポイント還元の差益を計算しても5~30%もの節約の差が生まれると言われています。基本的に日本人は買い物で出費する割合は収入の20~30%くらいは当たり前とされているので、それをクレカ払いに変えるだけでもポイント還元としては数万円の効果ともなります。

例えば年収450万円の人が年間消費する買い物の20%をクレカ変更にするだけで、90万円にかかるポイント還元が1%であっても9000円が手元に戻ってきます。これは最低限の使い方であった場合ですので、ここからカード会社の還元キャンペーンや政府の「キャッシュレス・ポイント還元事業」の2~5%などの還元も合わせると大きくは数万円の還元となり、家計に大きく助かることとなります。

年間数万円の節約をすることは収入を上げると同様に大きなメリットを生み出すこととなります。数万円の収入を確保することは残業を何十時間することに匹敵するので、大きな成果になります。ただし、今の働き方改革で残業などの姿勢は社会と真っ向から反対の方向となり、推奨されていませんし、会社が認めないことが大きいです。

その年収減となったところを捻出するには、何よりも「節約」が一番なのです。それが、特別な努力も手続きもなく、「払い方を変更」するだけなのですから、とても簡単です。この効果をすぐに得るのも早い事から実効性の高いものと言えます。金額によっては家賃の一か月分に匹敵するような効果にも変わるのです。

家賃もクレカで支払う時代、生活のシステムを変えるだけでこれだけ還元!!

生活の支出の払い方を変更するだけで、大きく収入に匹敵する効果を得るというのはわかったように、ではどれだけ生活に密接しているのでしょう。先ほどは普段の買い物をクレカに変更しただけで、数万円の効果を出せることもわかりました。その他に生活のあらゆるところで、クレジットカードは活用できるということも知っておくととても便利です。それは毎日手放せないスマホから住んでいる住まいのところも含まれているのです。

生活のあらゆる面でどれだけクレジットカードは活用されているのかというと、目に見えるもののほとんどがそうなっていると言っても過言ではありません。今、クレカ払いの対応している生活の手段と言えば、次の通りです。

  • 電気・ガス・水道の公共料金
  • 携帯電話・スマートフォン、インターネットの通信費
  • 生命保険・医療保険・個人年金保険などの保険料
  • ガソリン・レンタカー・ICOCAなどの交通関係費
  • フィットネスクラブ・ゴルフなどのスポーツ利用費
  • 脱毛・エステなどの美容費
  • マンション・アパートなどの家賃
  • 固定資産税・自動車税・住民税などの生活に関わる税金
  • 法人税・相続税・酒税など様々

まだまだ、たくさん利用できるところは広がっていますが、生活のあらゆるところで、利用できる範囲が増えています。『まさか、保険や税金をクレジットカードで支払えるなんて』という年配者もクレジットカードを使うことを始めたという人も少なくはないのです。

これだけ利用範囲が広がっている世の中ですから、使わない方がとても損をしてしまっていると囁かれています。これらの生活に沿ったところを全て払い方変更できると、先ほどの数万円の効果だけでなく、数十万円の効果に代えられるのです。日常生活のあらゆるところの支出を計算すると80%近くのものとなります。それを年収450万円の人に置き換えると360万円の支出となり、その還元も場合によっては上手に活かせると30万円もの金額が還元となる可能性があるのです。

節約を求めていくと、あらゆる欲を抑えることになるのが今までの方法でしたが、これからの節約は「好きなものを買い、好きなことをしながらメリットを得る」という時代となっています。ここで利用している人としていない人での差がこれからも大きく開きを生み出してしまいます。

その中で注意をしたいのは「どれだけ還元率やメリットが高い会社」を選ぶことにあります。カード利用の還元率は基本的に利用額の1%が多いのですが、会社やカードのグレードによってはさらに数%高いものもあります。これはゴールドカードやブラックカード、プラチナカードなど高収入の方ほど還元率が高く戻ってくる仕組みとなっています。それだけ、カード会社も利用高の多い人ほどそれだけの還元に払っても利用価値があるのです。

だからこそ、現金主義と言われている人にとっては今の時代では大きな損を被っていることもあるので、「知らない事ほど大きな損をしている」と言っても過言ではありません。全ての人に当てはまる訳ではありませんが、クレカのメリットを上手に活かせることは大きな恩恵を預かることが出来ます。

しかし、カードの利用はその場での現金支払いを遅らせるといった面があります。計画的な利用でないと、カード破産などの金融事故でその後の人生にも大きなデメリットを生み出すこととなります。ブラックリストや民事再生などの金融事故案件はリーマンショックの時には膨大な件数がありましたが、今では年収の3分の一の範囲までとする総量規制などもありますので、利用に関するカバーはされているので安心して利用できるようになっています。

最新記事↓

タグ一覧↓

すまい給付金 イギリス ウイルス シングルマザー ジブリ スピリチュアル スポーツ スマホ ダイエット バイアス メンタルトレーニング 不動産投資 人生 介護 住宅ローン減税 切手 動物占い 北朝鮮 医療 占い 営業の見える化 営業マンの交渉の極意 営業マンの売れる極意 営業マンの売れる話し方の極意 営業マンの契約する極意 営業手法 弾道ミサイル 授業 教え方シリーズ 映画 潜水艦 相手にしゃべらせる質問術 知ると面白い 節約 細菌 自動化営業法 豊かになるお金の話 買ってよかった 除毛 音楽 麻薬 龍涎香