知れば知るほど面白い!動物占いの世界~対人関係を円滑にするためのヒント~

知れば知るほど面白い!動物占いの世界~対人関係を円滑にするためのヒント~

動物占いとは、生年月日から12種類の動物に分類する占いです。
自分の動物を知ることでより深い自己分析ができることはもちろん、相手の動物を知ることで対人関係の悩みの解決策や、苦手な人との付き合い方のヒントが学べるはずです。

動物占いの見方

12種類の動物とアニマルカラーに加え、4つのグループに区分され、性格診断・運勢・相性診断の3つをメインに占います。

①動物の種類

以下の12種類の動物に分類されます。

ライオン、チータ、ペガサス、ゾウ、猿、狼、子守熊(コアラ)、虎、黒ひょう、ひつじ、たぬき、こじか 

②アニマルカラー

動物占いではその動物の持つカラーのことを「アニマルカラー」と呼び、以下の10色に分類されます。動物キャラを、カラーごとにもっと詳しく分類でき、同じキャラでもアニマルカラーが違えば性格や行動にも違いが出るのです。

イエロー、グリーン、レッド、オレンジ、ブラウン、ブラック、ゴールド、シルバー、ブルー、パープル

③4つのグループ

動物占いではさらに以下の4つのグループにわけて、行動や思考のパターンを詳しく分析することができます。

太陽グループ

基本的に、明るく前向きなグループです。周囲の状況に合わせつつも、自らの思うままに行動します。

地球グループ

目標を決めて、物事を合理的に進めていきます。負けず嫌いで常に自分のペースで行動するグループです。

満月グループ

目立つことが大好きな一方で、周りの人の意思を尊重し、相手に合わせて行動するグループです。

新月グループ

他人よりも目立つことを好まず、物事の結果よりもその過程を重視するグループです。

動物占いの調べ方

学問としての側面の強い動物占いは、カテゴリーも細かく分類されるので、その数はなんと60種類にのぼります。一見調べ方も複雑そうに思えますが、その調べ方は早見表に生年月日を当てはめて計算するという、いたってシンプルな方法です。

https://www.doubutsu-uranai.com/

動物占いの公式サイトです。スマホでも見ることのできるアプリ版もあります。

生年月日を入力するだけで簡単に診断結果が出ます。

解説もわかりやすく、有料会員になればもっと詳しい解説を見ることもできます。

「個人心理学」という学問の観点から動物占いを解説しているこちらのWebサイトもおすすめです。

https://www.noa-group.co.jp/

それぞれの動物の思考や価値観について丁寧に説明されています。

動物占いを知っておくことのメリット

動物占いを知っておくことで得られるメリットについて、詳しくみていきます。

①自分のことを深く理解できる

自分の動物を知ることで、自身の「自己分析」ができます。

より深く自分の性格について知ることができ、就職・転職活動での適性診断や、悩み事の解決策を見つける手がかりになります。

自分でも今まで気づくことのできなかった一面に出会うことができたら、困難に直面した時の考え方や解決法が今までと違ってくるかもしれません。

②相手との関わり方を知ることができる

相手の動物を知ることで、自分とその人の関わり方を学ぶことができます。

気になる人やビジネスパートナーとの相性診断ができることはもちもん、苦手な人との付き合い方や対処法を知る手がかりになります。

「この人はこのキャラだから、こういう考え方なのかもしれない」という風な考え方が生まれ、今まで築いた対人関係に変化が訪れるかもしれません。

動物占いからみる対人関係の築き方

恋愛や仕事等、私達は日常生活での様々なシーンにおいて他者との関わりを切り離すことはできません。動物占いの考え方を生かすことで、相手との付き合い方の見直しや改善に繋がるかもしれません。

動物占いからみる対人関係の築き方をみていきます。

①自分の相性を知る

相性の良し悪しはそれぞれの動物に存在しますが、動物占いにおける相性を知る上でとても重要なのが、「ホワイトエンジェル」と「ブラックデビル」の存在です。

「ホワイトエンジェル」

仕事や恋愛のパートナーとしての相性が最高といわれています。ですが、ただ仲の良い関係が築けるというわけではなく、お互いがお互いを信頼・尊重し合うレベルが同じという「パワーバランス」を保つことが、ホワイトエンジェルと良好な関係を築く大前提だとされています。

「ブラックデビル」

何においても仲違いしてしまい、相性が最悪とされています。恋愛でも仕事でもあまり上手くいかない反面、なぜか惹かれてしまうという側面もあるようです。

自分のホワイトエンジェルとブラックデビルに出会う確率は60分の1と非常に稀ですが、あなたの恋愛やビジネスシーンで、大きな影響を与えうる存在かもしれません。

②自分の適性を知る

自分の得意なことや苦手なことを知ることは、日常生活、特に仕事面において大いに役立ちます。

きっと就職・転職活動における適性検査や、普段の仕事の進め方のヒントになるはずです。

自分の得意なことや向いている仕事を把握しておけば、それを伸ばすことで作業効率を上げたり、上達のスピードを上げたりすることに繋がります.

逆に自分の苦手なことや苦手なタイプを把握しておけば、いざその場面に直面した際、対処できたり回避できたりするかもしれません。

以下のWebサイトでそれぞれの動物の相性や適性、ホワイトエンジェル・ブラックデビルのタイプが詳しく載っているので、ぜひチェックしてみてください。

③3つの思考をおさえる

動物占いは、結果の信頼性が高く細かく診断が分類されるので、いざ日常生活で実践しようとしても結果を覚えておくことが難しく、相手の動物を知るためには相手の生年月日を知らなければならないという難点もあります。ですが動物占いは、簡単に分類してしまえば以下の3つの思考から成り立っています。この3つの思考さえおさえておけば、対人関係において大いに役立てることができます。

人思考 :  物事の判断基準が「人」

「周りは皆○○ですよ」「あなたと一緒に○○したい」等、心情に訴えかけるアプローチが効果的だとされています。

「一緒に○○しよう・したい」がキーワード

城思考 : 物事の判断基準が「理論」

「○○からこういう結果が出ているから大丈夫」「○○の行動をすればこれだけの結果が生まれます」という風に、データに基づいた論理的なアプローチが効果的です。

「格付けや報酬等、具体的にイメージできること・もの」がキーワード

大物思考 : 物事の判断基準が「夢・可能性」

過程はあまり気にせず結果がすべてなので、その人にとっての魅力的な提案(「成功する」「○○がもらえる」等)が響く傾向にあります。

「豪華・成功」といった煌びやかなイメージがキーワード

たとえ相手の動物がわからなくても、「このアプローチだと響いていない感じがするからこちらかな?」という風にアプローチ方法を変えてみたり、3つの思考の要素を相手との対話でバランス良く散りばめたりすることで、営業やプレゼンや交渉が上手くいく確率を上げることができます。

最後に

組織のリーダーをやっている人が、チーム作りの際に動物占いを取り入れてチームを構成したら、スムーズに仕事が進行したという事例もあります。動物占いを日常生活に取り入れることは、対人関係を円滑にするためのヒントやチャンスがたくさん詰まっているのです。まずは自分の動物を知って、自分のことをより深く知ってみることから始めてはいかがでしょうか。

※当記事内で紹介しているリンク等は本サイト運営者とは異なる方が作成されたものです。

最新記事↓

タグ一覧↓

すまい給付金 イギリス ウイルス シングルマザー ジブリ スピリチュアル スポーツ ダイエット バイアス メンタルトレーニング 不動産投資 住宅ローン減税 切手 動物占い 北朝鮮 営業の見える化 営業マンの交渉の極意 営業マンの売れる極意 営業マンの売れる話し方の極意 営業マンの契約する極意 営業手法 弾道ミサイル 授業 教え方シリーズ 映画 潜水艦 相手にしゃべらせる質問術 知ると面白い 細菌 自動化営業法 豊かになるお金の話 除毛 音楽 龍涎香