知られざる日本の珍品切手 ~それはあなたの家の押入れにあるかもしれない~

知られざる日本の珍品切手 ~それはあなたの家の押入れにあるかもしれない~

TVのなんでも鑑定団に、切手が出てくる事があります。大抵は「価値無し」という判定になってしまいますが時折、すごい高値が付く物もあります。ですが、それは明治時代の古い切手だったり、何か特別ないわく付きの切手だったりして「まさか私の家にある訳が無い」という物がほとんどでしょう。

一般的に切手というと「未使用でないと価値が無い」と信じている人がほとんどで使用済の切手など無価値だ、と思っている人が大多数です。しかし、それは誤った概念です。現在の切手コレクターは、あなたがイメージしている物とは全然違うのです。

現在の切手コレクターは非常に専門化しており、単に未使用切手をストックブックに入れて楽しんで眺めているような人では無いのです。特に使用済み、それも封筒や葉書に貼られた状態のままの物を集めるのが現在の切手コレクターなのです。そういった物の中には数が少なく数十万円で取引されている物もあるのです。そして、それはもしかすると、あなたの押入れの中に眠っているかもしれないのです。そんな「隠れた珍品」をいくつかご紹介してみたいと思います。

昭和25年発行 石山寺多宝塔 80銭普通切手

実はこの切手、未使用品なら、いくらでも売っています、1枚100円くらいでしょうか。別に珍しい物でも何でもありません。ヤフオクを見ればいくらでも売っています。

しかし、これが「ある状態」で残されていると、とんでもない高値が付くのです。切手というのは発行される時には、その額面に合う何らかの郵便料金があります。

例えば「はがき用」「普通封筒用」「大型封筒用」「外国郵便用」といった具合です。そして、この切手が発行された用途は「第三種低料郵便用」という物なのです。

第三種というのは「定期的に大量に出す場合は料金を少し安くしてあげる」という制度で月報とか月刊誌の郵送がこれに該当します。そして、この切手が発行された昭和25年には第三種にも2種類有り、低料と普通がありました。低料とは第三種の中でも「特定の種類の物だけは更に安くしてあげる」という制度で普通の会報や月報は1円でしたが政府が発行する「政府広報」は80銭だったのです。よく月一回発行の会報などは会報を紙の帯で巻いて、そこに切手が貼られていたり別納郵便とか前納郵便とか書かれていますが「政府広報」も同じような形で紙で広報を巻いた形で郵送されていました。そして、この切手は、その「政府広報」の郵送用に発行された切手なのです。

さて、ここで考えて見て下さい。もし、あなたの家にそういった「巻紙状態」の広報が送られてきたとして、あなたはその巻紙をどうしますか?多分、ほとんどの人は捨ててしまうでしょう。実際、この切手が貼られた政府広報の巻紙はほとんど残されておらずマニアの間では「幻の使用例」と呼ばれるほど無いのです。そして現在の切手コレクターはこういった「使用例」、特に「その切手が発行された本来の目的に沿って使われた使用例」を非常に重視します。ですので、この切手が1枚だけ貼られた政府広報の巻紙は物凄い高値になります。そういった品は普通の切手商では扱っておらずネットではなく本物のオークションにかけられる事が多いのですが、年に一回出てくるかどうかです。私の知る限り昨年は一回だけで開始値は20万で落札値は50万くらいだったと記憶しています。巻紙だけでも相当な高値が付きますが、もし政府広報に巻いたままの状態だったら、更に高値が付きます。

もしあなたのお父さんやお爺さんが何らかの理由で政府広報を毎月送ってもらっていたら、押入れにあるかもしれません。もし見つけたら最後に「持っていくべきお店」を記載しておきますので、そこへお持ち下さい。きっと「良い値」で売れるでしょう。

昭和41年発行 ふじ20円普通切手

わざと2枚並べたのは理由があります。右と左の切手は一見、同じ図柄ですが、良く見ると一箇所だけ違います。それは左上の部分で左の切手は枝が印面枠に届いていますが右の物は届いていません。昭和41年発行は左の「届いている方」で右のは昭和42年発行の物です。マニアの間で左を旧ふじ、右を新ふじと呼んでいます。この左側の昭和41年発行の物は、たった1年間しか売られなかった訳です。しかも20円切手というのは、「重い封筒用の切手」でそんなに沢山売れる物ではありません。左側の切手が発行される前には別の図柄の20円切手が有り、郵便局にはそれが大量に残っていました。ですので、売る際には残った物から売って行ったので、左側の20円切手が実際に郵便局で売られ始めたのは発行されてから相当に時間が経ってからで、しかも翌年には右側の20円切手に変更されてしまったのです。昭和42年の変更は郵便のシステム変更に伴う物でしたので右の切手は発行されるや一斉に切り替えられ左側の20円切手は窓口から姿を消しました。従って実際に窓口で売られた左側の「旧ふじ20円切手」を1枚だけ貼った封筒は非常に数が少なく、これも結構な高値が付きます。しかし地方の郵便局の中には、結構、早い段階で左側の20円切手を売り始めた所もあったようで幻とまでは行きませんが相当に少ない事は確かでオークションでも5万から10万位はする物です。これも未使用品は大量に残されており1枚100円位で買えます。

昭和26年発行 平等院30円普通切手

この切手自体は未使用品も使用済品も沢山あり、この切手が貼られた封筒も葉書も沢山あり値は付きません。しかし、この切手が貼られた葉書や封筒はよーくチェックする必要があるのです。というのも、千葉県の船橋局で、この切手の無目打エラーが2シート発見されたのですが局員の方は「いちいちハサミで切らねばならん面倒な奴」と言って窓口で早めに売ってしまったからなのです。この切手の無目打エラーは偶然、それを貼った葉書が切手コレクターの所に届き、船橋局まで事情を聞きに行って初めて発覚した物で、別のマニアの方が早めに気付いて残っていた10枚を買取りましたが、他の189枚は窓口で売られ現在でも行方不明なのです。偶然、この無目打エラーを買った方は、そのまま郵便に使ってしまったと考えられますが現在までに1通も発見されていません。当然ながら船橋局で買ったはずなので、船橋局、或いは周辺の郵便局の消印が押されていると考えられます。1通だけ残っている葉書も船橋の消印です。一体、どこにあるのか、もう捨てられてしまった物も多いと思いますが189枚もあったので、少しは残っていても良いのではないかと思いますが未だに出てきません。もし残っているとしたら「どこかの家の押入れの箱の中」にでもぽつんとあるのでしょう。この無目打エラー切手を貼った封筒や葉書が見つかったら、へたすると100万超えもありそうです。通常、こういった無目打ちエラーの切手はペア以上でないと変造品の疑いがかかりますので、万一、見つけた場合は葉書か封筒に貼ったままにしておいて下さい。剥がしてしまうと売れなくなってしまう可能性があります。葉書や封筒に貼られたままの状態であれば鑑定が可能なのです。なお、付記しますが無目打エラーなどのエラー切手は一般的に「凄い値段」になると信じられていますが、記念切手などでは集めている人が少ないのでそれほどの値段は付きません。むしろ現代の切手マニアは普通切手を集めているので普通切手のエラーであれば、結構な値段が付きます。ですが、そういったコレクターにとってエラー切手は「有っても無くても良い物」なので百万円等という額にはなりません。

しかし、この平等院30円だけは残されている数があまりにも少なく、かつ、この切手はマニアの間で人気が高いので「特別扱い」なのです。

ご紹介したように現代の切手マニアが求めている物は使用例といって葉書や封筒に貼った状態の使用済切手なのです。上記の3例以外にも高い値段の付く封筒やはがきはありますが、大抵は外国向け郵便で日本国内に残っている可能性は少ないです。しかし上記3例は逆に日本国内にしか残っていないはずなので「あなたの家の押入れにもあるかもしれない」のです。もし見つけたら、絶対に剥がさずに汚れていても良いので、そのままの状態で下記へお持ち下さい。しかるべき値段で売却をしてくれます。

(株)タカハシスタンプ商会 東京都中央区銀座 03-3573-5370

ジャパンスタンプ商会    大阪府北区梅田    06-6347-1601

なお、間違っても「切手高価買入」という看板を出している街中のお店に持ち込んではいけません。そういったお店では上記のような知識がありませんし専門家もいません。

こういったマニア向けの物は専門性の高い所でないと価値が分からないのです。

※当サイト運営者と上記企業は一切関係がありません。

↓タグ一覧

すまい給付金 イギリス ウイルス シングルマザー ジブリ スピリチュアル スポーツ ダイエット バイアス メンタルトレーニング 不動産投資 住宅ローン減税 切手 動物占い 北朝鮮 営業の見える化 営業マンの交渉の極意 営業マンの売れる極意 営業マンの売れる話し方の極意 営業マンの契約する極意 営業手法 弾道ミサイル 授業 教え方シリーズ 映画 潜水艦 相手にしゃべらせる質問術 知ると面白い 細菌 自動化営業法 豊かになるお金の話 除毛 音楽 龍涎香

↓最新記事