相手にしゃべらせる質問術1

相手にしゃべらせる質問術1

 

相手にしゃべらせる質問術は営業はもちろん、事務職や管理職、販売員などすべての職種の方にお読みいただきたい内容です。1対1のコミュニケーションが無い職業はありません。一切人と関わることの無い仕事をあなたは上げれますか?本当にその職業は人と関わらずに完結できていますか?対面していなくたって必ず関りはあるはずです。

質問力が無ければ生きていけない時代

社会の中で1対1のコミュニケーションが出来なければ生きていけません。社内での報告・連絡に上司へのプレゼン、お客様との交渉事だって1対1のコミュニケーションです。コミュニケーションは仕事ができる人の第一条件と言っても過言ではないのです。コミュニケーションの基本はまず相手に話させることです。そのために必要なのが質問力なのです。

相手に9割しゃべらせる

理想の質問とは1つの質問に対して答えているうちに「そういえば・・」というように派生していく、相手の頭の中でどんどん膨らんでいく、そんな質問なのです。1つの質問で相手の意外な素顔や見えていなかった魅力などを聞き出す。そんな質問なのです。この記事ではあなたが最終的に「理想の質問」ができるようになることを目指して書いていきます。

相手の事を知るときに「あなたはどんな人なんですか?」と聞いてもまともな答えは返ってきません。これは相手自身が自分の事をはっきりと自覚していないからです。ではどうすればいいのか、初めにいろいろなことを質問して最終的な「どんな人?」ということが分かるようにしていけばいいのです。

質問は様々で好きな食べ物は?でもいいし子供のころ1番好きだったことは?でもいいです。後でいらなかったな~と思うような質問でも大丈夫です。こいつバカだな・・と思われるような質問でも大丈夫です。意外な答えが返って来るかもしれません。通常では知りえなかった情報が手に入るかもしれません。すぐに答えられないような難しい質問をするよりも簡単な、バカだなと思われるような質問をした方が情報は得られるんです。最後に「どんな人?」が分かればあなたの勝ちですから。

最初の質問で主導権を握る

初対面の相手であれば名刺交換をするかと思います。その名刺には質問するための情報が満載なんです。これを使わない手はありません。社名からその由来を聞いたり、住所から関連する知識を織り交ぜて話を切り出したり、扱っている商品や技術から膨らませる事だってできます。その質問で会社の体質(トップダウンが強いとか)が分かったりします。話を始める前の場の空気をよくすることもできるんです。名刺交換が終わったらすぐに本題に入らずに雑談で情報収集することでこの後の本題で質問しやすくなったり、雑談が本題に繋がって話が膨らんだりします。

そして本題に入っていきます。本題に入るときには今日は何のために来たのか最初に宣言してしまいましょう。そうしないと雑談で終わってしまうかもしれませんから。「今日は○○の為にお時間頂きましてありがとうございます」といった感じです。最初に今日何のために来たのか宣言することでこの会話の主導権を握ることができます。さらに、あがり症の人は最初に「緊張しています」と伝えてしまえば相手もあなたが緊張しているんだなと理解してくれますし、あなた自身も伝えておくことで少しリラックスして本題に入って行けると思いますよ。

ちなみにどんな話でも否定してくる人が相手の場合はコミュニケーションが取れない為、粘るよりさっさと諦めたほうが得策です。

続き「相手にしゃべらせる質問術2